このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

開墾blog

08/21 (土曜日)

たわわに実る開墾村の稲

昨日は『美味サライ』(サライの別冊で年2回発行)、11月発行号の取材で増富へ。美味を通じて地域活性化が特集テーマということで、NPOえがおつなげての活動を4ページご紹介することに。

ちょうど三菱地所の空土プロジェクトの親子自然体験ツアーに合わせ、曽根原さんを取材。トウモロコシやトマトは収穫時期。花豆の朱色の花が咲き、大豆も小さな紫の花をつけていました。

増富特産の花豆は大きくて柔らかい



花豆のできぐあいを確認する曽根原さん



花豆畑、青大豆畑、棚田で、グラビア風の撮影を行い、

代々種継きてきた青大豆。甘くておいしい



三菱地所「空土ファーム」の棚田。今年は酒米も植えている



そして、我らが「開墾村」の田んぼは、目印のほうの木の横。しっかり実り始めていました。

ほう葉の木陰は涼しい



たくましく育っています



  今年の4月はこんな様子でしたよね・・

 

山の美しい水と、豊かな土に育まれて、10数年ぶりに田んぼとしてよみがえりましたね。

美しい稲穂



ということで、10月2日、3日の稲刈りがますます楽しみになりました。

開墾もしますよ♪ 開墾してみたいという知人・友人にお声掛けの上、皆ででかけましょう。昨年11月に仕込んだ味噌の味噌開きもあるとか!開墾ダルマの目入れも忘れずに。 (8/20訪問) 

カレンダー

プロジェクト

カテゴリー

アーカイブ