このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

開墾blog

06/21 (月曜日)

ワンダホーでビューティホーな田んぼ

雨の限界集落、増富で開墾村の田んぼの様子を伺ってきました。
皆で開墾した所が、見事に美しい田んぼになっておりました!


昨年10月に開墾した時は、こんな感じだったのが

んまーー!空が写りこんじゃうぐらいピカピカの田んぼになってました。

開墾1年目は、水草などが生えにくいメリットがあるそうなのですが、
(それでも6日に一度、現地のスタッフの方が人力で草取りをしてくれています!)こんな感じで、開墾時に出た根のクズなどがでます。

田んぼに水入れをした後、これらの木クズを、現地NPOえがおつなげてのスタッフの皆さんが、丁寧にかき集めてくれたおかげで、ワンダホーでビューティホーな田んぼになったわけです。

増富方面に向かって敬礼せずにはおられませんね。
ハイ、ここで皆さん、一度敬礼しましょう(笑)

田んぼにする為には、勿論水を引いてこなければならないわけですが、周辺も耕作放棄地となっていると、水路の経路確保も時に困難です。
最初はここを通そうとして、断念。
別ルートから水を引き入れてくれていました。
そして、現地スタッフの皆さんが、水路を開けたり閉めたりしてくれて
毎朝5時!)、田んぼの水温や量の管理をしてくれています。


ピンキー小俣さん曰く、「ここの田んぼは裸足で入っても気持ちがいい」との事。10月の収穫の時には、水は抜かれていますので、裸足で田んぼを味わいたい方は、是非その前に増富に突撃しましょう。

草刈りはいつ行ってもやれます!(笑)
ユーも来ちゃいなよ!

コメント

まさにワンダーホー!でビューティホー! ピンキー小俣さん、朝の早よから申し訳ございません。もちろん、増富に向かって最敬礼いたしました! しかし、綺麗な田んぼになりましたね。ちょっと鳥肌(関西弁でいうと、さぶいぼ)が立ちました。収穫まで、絶対遊びにいきます。草抜き、草抜き。いや〜、これはみんな行かないと、バチあたりまっせ。これからも「ピンキー小俣通信」で田んぼの状態をUPしてくださいね。ありがとう、増富!ありがとう、ピンキー!ありがとう、宮原さん!

2010年6月21日 9:30 PM | あり

有澤さん
興奮状態がひしひしと伝わってきております笑
毎日、赤羽根の田を見続けている者として嬉しい限りです!
お田植え、みなさんと一緒にお供したかったのが正直な気持ちですが、天候には誰も勝てません…。

収穫まで赤羽根の田の様子、随時みなさんにお届けして参ります。
楽しみにしていてください!

2010年6月27日 10:39 PM | Hiroshi Omata

コメントの投稿

カレンダー

プロジェクト

カテゴリー

アーカイブ